2006年 02月 10日 ( 2 )

自分の中の引き出し。

今日は営業周りで、H部長のお供をしました~。
私は運転手でした、、、、。H部長今日も決まってました。
ベストを着てたんです。ベストと言っても、ニットベストではなく、
スーツと同じ生地のものね!!ひゅ~。かっくい~。

車の中で待ってる時間もあったので、最近買った本を読んで
ました。中学校3年生、15歳最年少で第42回文藝賞を受賞した
三並夏さんの「平成マシンガンズ」です。

もう、あっという間に読んじゃって、サクッと読めちゃう本でした。
「あぁ~、中学校の時、こんな感じで世の中をひねくれた感じで
見てたときあったわー。」みたいな感想をもちました。
それにしても、恐るべし中学生。すごいですね!!

さて、こんな文章すごい~で思い出したこと、、、、。
私は小説などは書きませんが、メールや手紙、仕事上の
文章でも、書くことに苦手意識って全然ないんです。

それはあることがきっかけとなって、自信がついたおかげ
なんです。

学生時代、好きな人がいて、その人が頑張ってることに対して
なんとか応援したくって、手紙を書き始めました。
昔はメールなかったんだよね。(笑)

電話だと、邪魔しちゃうと思ったんですよ。
手紙なら、好きなときに見られるから、いいかな、なんて。

喜んでくれてるってことがわかって、私は1日1回手紙を書き、
投かんし続けました。約1ヶ月続いたかな、、、。

その人とはその後つきあえたんだけど、、、、
結局その恋は色々あって、うまくいきませんでした。
でも、私にとっては大きな宝物を得ました。

毎日手紙を書くって、実は大変なことだったんです。
それをやり遂げたことで、文章を書くことに大きな自信がついたんです。

何か書くときにも、あのときに比べれば、、、、、っていつも思う。
それ以来書くことは苦にならないのです~。言葉の泉が溢れてくる感じで。

その時のことを思い出して、今日はこんなことを考えました。
人間頑張ったことは絶対ムダにならないなぁ~って。
振り返るとどんな小さなことでも、くだらないと思えることでも、
自分が一生懸命やったことって、その人の力になってるなぁって。

人は何かしようとするとき、必ず自分の中の引き出しを探して、
自分が頑張ってきたことを使って、やり遂げようとするものだって
聞いたことがあります。本当にそう思う。

私は引き出しをいっぱいつくりたいな。
今は目の前の仕事に全力投球する!!
それがきっと引き出しの一つになって活躍する機会があるんじゃないかな。

そうそう、自分が忘れないように書きとめておくことが2つあった。
今日、H部長と話してて注意されたこと。(しゅん。)
「君、書類を渡された時は席をたって受けとるようにしないと、、、。」
顔が笑ってたから、多分大丈夫。

H部長から頂いたあたたかいアドバイス。
「君はこれからも後輩の指導にあたるわけだけど、
後輩が失敗したときは、注意する前にまず、話をきいてあげるといいよ。」と
ありがたい。職場でanegoのポジションである私にいつも適切な助言を
与えてくれるH部長。もう、感激ですよ~。

今日はながくなっちゃいましたね。Sorry!!See you tomorrow.
[PR]
by matcha-icecream | 2006-02-10 23:49

ハッピーになる秘訣!!

今日は出張だったー。しかも楽ちんラッキーだった。
ルンルン戻ってきたら、いつも愚痴ばっか言ってるS子さんが
やっぱり文句言ってた。
彼女も私と同じような出張だったんだけど、
どーでもいいことでいつものように周りに愚痴を、、、。
口癖が「も~大変!!」「なんで私が、、、。」
「も~ついてない。」「私なんか、、、、。」
彼女は元が美人なのに、日に日に
不幸顔になっていくのがよくわかる。あぁ恐ろしい。

S子さんはいつもマイナス思考なのだー!!
一回彼女を救ってあげようと試みたが、
陰で、「彼女の幸せそうな姿見てるだけで凹む」とか
言われてたらしく、もうやめた。なにさ!ふんっ。

そんな愚痴、どうでもいいですね。ハイ、みなさんの
エネルギーを下げてしまう。ごめんなさ~い。
愚痴は不幸への第一歩。気をつけねば、、、。

私は昔っからHOW TO本読むの大好きだったの。
どうしたら、幸せになれるかって、そうですねぇ、中学生の頃から
考えてましたよ。
私がなんとなく考え出して実践していたことが
実はめっちゃ素晴らしい習慣だったということが最近判明。
それは、また別の日に書きます。鏡をつかうんだけどね。

さて、昔から雑誌、本、ヒントになりそうなものはバンバン買いました。
今でも買ってしまう雑誌はPHPですね。特に特集号ね。

ハイハイ、本題です。
最近感銘をうけた本は
「声に出すほど美人になるおまじない」佐藤富雄著
これは超納得です。医学博士が書いているあたり、信憑性が
感じられるし、ききそう。

わかりやすく説明すると、、、、
つまりね、人間の脳ってさ、だまされやすいんだって。
例えば、梅干し見ただけで、唾液でるでしょ?
これって、脳が「本当のこと」と「想像したこと」の区別が
つかないんだって。

ということは、人間が「不幸だ」と思った瞬間、
脳内に大量のストレスホルモンが放出されちゃうの。
おぉ、恐ろしい。ひどくなると鬱病になるらしいよ~。
しかももっと恐ろしいことに、人の悪口とか愚痴言ってると、
脳って、主語は考えずに、マイナスの言葉を
自らが受け取っているようなダメージをうけるんだって。
つまり、自分が言った分、人に同じくらい直に言われたのと
同じダメージをうけるわけ、これってこわいよね。
あぁ、さっきS子さんのことを悪くいってしまったけど、、、、
反省。

いつも幸せな自分をイメージできる人は、
脳内にドーパミンとか、ベータエンドルフィン等の
快楽物質がでて、心身ともにとってもよいんだって。

そうだと思うよ~。プラス思考の人って、いっつも元気じゃない?
一緒にいると元気もらえるくらい。病気もあんまりしないし。
できれば、口に出すといいんだって。
「大丈夫。うまくいくわ。」とか、「私は元気!」とか
「美味しい~。」とか!!
誰もいないところで、「私ってかわいいー。」とかね(笑)
言えばいうほど、その通りになるから~。

そして、さっきの逆バージョンとして、人のことほめたら、
脳は自分がほめられたのと同じくらい嬉しいホルモン
でちゃうんだって。いいじゃん。
人をほめて、自分がどんどん幸せになるんだからぁ。
私人のこと、ちょうほめほめだったから、幸せな気持ちで
ずーっといられているんだね。うん。

皆さんも実践してみてくださいね。
自分をほめて、人のこともほめる!幸せの秘訣だよぉおおん。
では、バイビィ。
[PR]
by matcha-icecream | 2006-02-10 00:38