ハッピーになる秘訣!!

今日は出張だったー。しかも楽ちんラッキーだった。
ルンルン戻ってきたら、いつも愚痴ばっか言ってるS子さんが
やっぱり文句言ってた。
彼女も私と同じような出張だったんだけど、
どーでもいいことでいつものように周りに愚痴を、、、。
口癖が「も~大変!!」「なんで私が、、、。」
「も~ついてない。」「私なんか、、、、。」
彼女は元が美人なのに、日に日に
不幸顔になっていくのがよくわかる。あぁ恐ろしい。

S子さんはいつもマイナス思考なのだー!!
一回彼女を救ってあげようと試みたが、
陰で、「彼女の幸せそうな姿見てるだけで凹む」とか
言われてたらしく、もうやめた。なにさ!ふんっ。

そんな愚痴、どうでもいいですね。ハイ、みなさんの
エネルギーを下げてしまう。ごめんなさ~い。
愚痴は不幸への第一歩。気をつけねば、、、。

私は昔っからHOW TO本読むの大好きだったの。
どうしたら、幸せになれるかって、そうですねぇ、中学生の頃から
考えてましたよ。
私がなんとなく考え出して実践していたことが
実はめっちゃ素晴らしい習慣だったということが最近判明。
それは、また別の日に書きます。鏡をつかうんだけどね。

さて、昔から雑誌、本、ヒントになりそうなものはバンバン買いました。
今でも買ってしまう雑誌はPHPですね。特に特集号ね。

ハイハイ、本題です。
最近感銘をうけた本は
「声に出すほど美人になるおまじない」佐藤富雄著
これは超納得です。医学博士が書いているあたり、信憑性が
感じられるし、ききそう。

わかりやすく説明すると、、、、
つまりね、人間の脳ってさ、だまされやすいんだって。
例えば、梅干し見ただけで、唾液でるでしょ?
これって、脳が「本当のこと」と「想像したこと」の区別が
つかないんだって。

ということは、人間が「不幸だ」と思った瞬間、
脳内に大量のストレスホルモンが放出されちゃうの。
おぉ、恐ろしい。ひどくなると鬱病になるらしいよ~。
しかももっと恐ろしいことに、人の悪口とか愚痴言ってると、
脳って、主語は考えずに、マイナスの言葉を
自らが受け取っているようなダメージをうけるんだって。
つまり、自分が言った分、人に同じくらい直に言われたのと
同じダメージをうけるわけ、これってこわいよね。
あぁ、さっきS子さんのことを悪くいってしまったけど、、、、
反省。

いつも幸せな自分をイメージできる人は、
脳内にドーパミンとか、ベータエンドルフィン等の
快楽物質がでて、心身ともにとってもよいんだって。

そうだと思うよ~。プラス思考の人って、いっつも元気じゃない?
一緒にいると元気もらえるくらい。病気もあんまりしないし。
できれば、口に出すといいんだって。
「大丈夫。うまくいくわ。」とか、「私は元気!」とか
「美味しい~。」とか!!
誰もいないところで、「私ってかわいいー。」とかね(笑)
言えばいうほど、その通りになるから~。

そして、さっきの逆バージョンとして、人のことほめたら、
脳は自分がほめられたのと同じくらい嬉しいホルモン
でちゃうんだって。いいじゃん。
人をほめて、自分がどんどん幸せになるんだからぁ。
私人のこと、ちょうほめほめだったから、幸せな気持ちで
ずーっといられているんだね。うん。

皆さんも実践してみてくださいね。
自分をほめて、人のこともほめる!幸せの秘訣だよぉおおん。
では、バイビィ。
[PR]
by matcha-icecream | 2006-02-10 00:38
<< 自分の中の引き出し。 苦難は宝物 >>